見た目だけではくむし歯や歯周病まで予防する矯正治療|医療費の計算

治療以外にも病気の予防として利用出来る

矯正と器具の発展

矯正治療の今後の動向とは

矯正歯科治療の今後の動向は、矯正装置の進化にかかっていると思います。セルフライゲーションシステムのような一大ブームを巻き起こすためには、革新的な矯正装置を開発しなくてはいけません。つまり、従来までの治療に対する常識を覆し、少しでも治療環境を良い方向へと変える必要があるということです。 現状の矯正歯科治療はまだまだ発展途上ではありますが、一昔前と比べても随分と環境は変わったように感じます。日本の全国にあるほとんどの歯科医院で治療が受けられること、または患者の要望をかなえるような矯正装置が数多く誕生しているように感じます。 今後もさまざまな特長を持つ矯正装置を開発して、今まで治療に踏み切れなかった人の心を動かしてほしいと思っています。

治療に対して良質な歯科医院を選ぶ

良質な矯正歯科治療を受けるためには矯正装置の良しあしだけを求めても意味がありません。治療には取り扱う医師の技術、知識、患者とのコミュニケーションも非常に重要となってきます。 歯科医院が標榜できる科目は医学と比べると随分と少なく、4科目に絞られています。しかし、実際のところは歯科治療の分野はより細かく分化され、どの歯科医院がどの治療分野を得意としているのかがわかりにくいという問題があります。 近年では歯科医院やクリニックがさまざまな手法で歯科医院を紹介していますが、それでも患者である我々はどの歯科医院で治療を受ければいいのか迷ってしまい、何を基準にして判断すればいいのかがわかっていません。矯正歯科治療は歯科治療の中でも専門的分野なので、しっかりと見極めて選ぶ必要があるのです。